意外と庶民的でアットホーム?東京の中心地六本木で毎週開催!「ヒルズマルシェ」

そもそもマルシェとは?

みなさんは「マルシェ」という言葉を聞いて何をイメージするでしょうか?

『マルシェ』とは本来フランス語で『marché』と書きます。フランス語のマルシェは英語で言う『マーケット』のことを指しており、日本で言う『市場』を意味しています。

マルシェの規模や雰囲気は様々ですが、公園や広場などを貸し切って、出展者がテントを張り、こだわりの食品や雑貨などを対面形式で販売してくれます。

マルシェ

その雰囲気はまるでお祭り気分!その開放的な雰囲気と生産者の方の活気と、ここでしか手に入らない商品という理由で、ついついたくさん買い過ぎてしまいます(笑)

また、物販だけでなくテイクアウトできるデリもありますし、場所によってはワークショップや展示会も併催している所もあります。

キッチンカー

もちろん、入場料は無料なので、デートやお散歩がてら立ち寄るものオススメです!

そして、マルシェの最大の魅力は、生産者さんと直接お話ししながら、その食材の最適な調理法や食べ方を教えてもらうことができたり、生産者さんのこだわりを直に感じることができることです

ゆったりとした時が流れる青空のもと、素材の良さを自分の目で確認したり、生産者さんとおしゃべりしたり、気になった食材を試食・試飲したりして、ショッピングを楽しむことができます。

首都圏で開催されるマルシェの数は年々増加しており、それぞれに全く異なった内容になっているので、是非色々なマルシェに足を運び、それぞれの違いや特有の雰囲気をお楽しみ下さい!

大都会六本木で開催!「ヒルズマルシェ」

今回ご紹介するのは、東京の数ある中心地のひとつである六本木のアークヒルズで開催されている「ヒルズマルシェ」です!

c

「六本木ヒルズ」と聞くと、高級で敷居が高いイメージかも知れませんが、確かに六本木特有のおしゃれ感はあるのですが、どこか庶民的で懐かしく親しみやすい、とても居心地の良いマルシェです。規模も出店数もそれほど大きくないので、他のマルシェに行ったことがある方はもちろん、マルシェ初心者にもオススメ!

また、比較的人は多くないので、ゆっくりお買い物が楽しめる印象です。休日の朝からマルシェに立ち寄った後に、六本木周辺でデートや散策するのもいいですね。

ヒルズマルシェ

ヒルズマルシェの概要

「ヒルズマルシェ」は六本木のアークヒルズの「アーク・カラヤン広場」という広場で毎週土曜日の10:00~14:00に開催されています。アクセスは東京メトロ南北線の六本木一丁目駅から徒歩3分程度。会場はドーム状の天窓があるので、雨天時でも安心してお買い物ができます。

出店数は30店舗ほどでキッチンカーは私が訪れた日は2台来ていました。出店されている店舗は、新鮮採れたての野菜が特価価格で買えるお店から、こだわりの有機・無農薬野菜のお店、調味料やジャムなどの加工品、雑貨屋、花屋と多彩なラインナップです。

ヒルズマルシェ

このマルシェの特徴は、マルシェらしさ満載のオシャレな店舗から、新鮮野菜を格安で販売する下町八百屋まで、高級感と庶民感とがうまく混ざっている雰囲気がおもしろかったです!

また、他のマルシェではみかけない子供が遊べるキッズスペースもあり、子連れには嬉しい配慮ですね。

ヒルズマルシェ

オススメ出店者その1

最初にご紹介する出店者は、新鮮野菜を格安で販売する八百屋さん。葉物・果菜・根菜・果物・きのこ・たまご・調味料・加工品と、とにかく他のマルシェ店舗とはと比べ物にならないほどの品ぞろえと在庫量で、しかも値段も普通のスーパーよりも全部安いのが特徴!

ヒルズマルシェ
ヒルズマルシェ

買い物かごいっぱいに野菜を買っているお客さんもいました。来場者のピーク時には、レジに長蛇の行列ができるほど。たしかに、六本木駅周辺にはスーパーが少ないので、この価格と鮮度を考えたらヒルズマルシェで1週間分の野菜を買う気持ちもわかりますね(笑)

ヒルズマルシェ

次にご紹介するのは、特製ジャムのお店。ここのジャムの素晴らしい点は、写真をご覧いただければわかるのですが、なんともフォトジェニックな花びら入りの綺麗な見た目!

ヒルズマルシェ

フルーツではなく、花を使用したジャムというのが驚きです。もちろん味もお墨付きで、この日はキンモクセイジャム・ラベンダージャム・桃の花ジャムの3種類を試食させて頂きましたが、どれもほのかに香る花の匂いが優雅でリラックスした気持ちにさせてくれます。しかも、このジャムに使われている花びらは手作業でひとつひとつ紡いでいるというこだわりぶり!生産者の方の気持ちがこもっているのが素敵ですよね。

ヒルズマルシェ

3つ目にご紹介するのが、相模地方の無農薬野菜を主に取り揃えているお店。ここの店主の方が話し上手で、私が訪れたときもキャベツについて熱く語って頂きました(笑)

なんでも、今の時期(2/23)は冬キャベツと春キャベツと間の時期に当たり、この時期まで成長させ切ったキャベツは旨みがピークに達していて、1年で一番美味しいのだとか。しかし、収穫頻度の関係で一般の流通には乗らないとのことで、非常に希少価値の高いキャベツとのこと。そんなキャベツを生で味見をさせてもらいましたが、甘いのはもちろんとてもみずみずしくて、確かに市販のキャベツとは違っていました。

ヒルズマルシェ

私は珍しいケールと黒キャベツと、巨大ブロッコリーを購入(キャベツは買わないんかい笑)。調理するのが今から楽しみです!

ヒルズマルシェ
ヒルズマルシェ

オススメ出店者その2

続いてご紹介するのが、「和ろうそく」の専門店。一般的なろうそくは、石油から採れるパラフィンを原料として作られますが、ここのろうそくはハゼの実から作られる純日本的なろうそくです。和蝋燭の大きな特徴として、原料が純植物性であるため、油煙が少なく、液だれもほとんどありません。お店のかた曰く日本人よりも外国人から人気があるそうです。見た目にも美しいので、プレゼトや贈答用にもオススメですよ!

ヒルズマルシェ
ヒルズマルシェ
ヒルズマルシェ
原料のハゼの実と、い草の髄から取れる燈芯

次にご紹介するのが、手作りドレッシングのお店。このお店のドレッシングは乳化剤・増粘剤・保存料・香料・アミノ酸・酵母エキスがすべて無添加なんです!だからこそ、素材本来の味が楽しめる非常に珍しい一品たち。

ヒルズマルシェ

ここのお店では、ドレッシング以外にも調味料を多数取り揃えており、無類の柚子胡椒好きの私は、「かぼす胡椒」に注目。有機栽培どころか肥料すら使わない自然栽培のかぼすを使っている点で、かなりのこだわりを感じます(笑)

残念ながら試食はできなかったのですが、お店の人としゃべっている間に意気投合してしまい、一瓶購入(笑)このかぼす胡椒は良いかぼすを使っているため塩気が必要ないので、どんな料理にも隠し味として使うだけで、まるで料亭の味のように上品に進化するそうです。お店の方のオススメは味噌汁に入れるということなので、今度試してみたいと思います。

ヒルズマルシェ

最後にご紹介するのが、オリジナルグラフィックを使用した雑貨屋さん。「江戸運動」と称して東京オリンピックをモチーフにされていたりして、とてもユニークなグラフィックなのですが、そのどれもがチャーミングながらも風情があって一目でファンになっちゃいました。私はステッカーを250円で購入したのですが、他にも筆箱やノートなども1,000円程度で売っていたので、お店の方に「安くないですか?」と伺うと、「うん、利益はないですね」と笑いながらおっしゃっていました。

ヒルズマルシェ
ヒルズマルシェ

とても素敵なグラフィックなので、気になる方はインスタで「hacobehacobe」と検索してみてください!

オススメ出店者その3

最後に、オススメの出店者の方々を写真でご紹介したいと思います!

ヒルズマルシェ
キッシュとパイの専門店
ヒルズマルシェ
お花屋さん
ヒルズマルシェ
こだわり調味料専門店
ヒルズマルシェ
キッチンカー
ヒルズマルシェ
オリジナルトートバッグ

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか「ヒルズマルシェ」。

私も最初六本木ヒルズと聞いた時は高飛車なイメージを持っていたのですが、実際に訪れてみると予想を外れとてもアットホームでのどかな雰囲気でした。立地的にも休日に遊びに行くには最高の場所なので、土曜日に六本木方面に用事がある方は是非一度訪れて見て下さい!

なお、今回私が購入した商品を食べた感想や調理写真は随時インスタとツイッターにアップしていくので、フォローお願い致します!

ヒルズマルシェ

【開催概要】

  • 開催場所:東京都港区赤坂1−12−32 アーク・カラヤン広場
  • 開催日程:毎週土曜日
  • 開催時間:10:00~14:00
  • アクセス:東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」出口3 徒歩3分

ヒルズマルシェ公式ホームページはこちらから