最大級の規模!圧倒的な出店者数!勝どき「太陽のマルシェ」

そもそもマルシェとは?

みなさんは「マルシェ」という言葉を聞いて何をイメージするでしょうか?

『マルシェ』とは本来フランス語で『marché』と書きます。フランス語のマルシェは英語で言う『マーケット』のことを指しており、日本で言う『市場』を意味しています。

マルシェの規模や雰囲気は様々ですが、公園や広場などを貸し切って、出店者がテントを張り、こだわりの食品や雑貨などを対面形式で販売してくれます

マルシェ

その雰囲気はまるでお祭り気分!その開放的な雰囲気と生産者の方の活気と、ここでしか手に入らない商品という理由で、ついついたくさん買い過ぎてしまいます(笑)

また、物販だけでなくテイクアウトできるデリもありますし、場所によってはワークショップや展示会も併催している所もあります。

キッチンカー

もちろん、入場料は無料なので、デートやお散歩がてら立ち寄るものオススメです!

そして、マルシェの最大の魅力は、生産者さんと直接お話ししながら、その食材の最適な調理法や食べ方を教えてもらうことができたり、生産者さんのこだわりを直に感じることができることです

マルシェ

ゆったりとした時が流れる青空のもと、素材の良さを自分の目で確認したり、生産者さんとおしゃべりしたり、気になった食材を試食・試飲したりして、ショッピングを楽しむことができます。

首都圏で開催されるマルシェの数は年々増加しており、それぞれに全く異なった内容になっているので、是非色々なマルシェに足を運び、それぞれの違いや特有の雰囲気をお楽しみ下さい!

都内最大級&超オススメ!「太陽のマルシェ」

太陽のマルシェ

今回ご紹介するのは、中央区勝どきで開催されている「太陽のマルシェ」です!公式ホームページには、「食べる・買う・学ぶ・体験」 がひとつになった新しいかたちの都市型マルシェと書かれているように、ただのお買いものでは終わらず、様々なイベントやワークショップもその時々で開催されています。

太陽のマルシェ

出店者数も非常に多く、全国各地から届けられる新鮮な野菜はもちろん、ジャムや調味料などの加工品、パン、お菓子などの食品だけでなく、陶器や衣料品や雑貨などのお店が出店しており、二日間の出店者の合計はその数なんと、多いときで100店舗にものぼります!

太陽のマルシェ

また、キッチンカーブースも充実していて、コーヒーショップやハンバーガー屋さんやカレー屋さんなど、常時10店舗ほどが出展されています。

太陽のマルシェ

来場者の傾向としては、場所柄なのか、お子様連れのお客様が多い印象でしょうか。

ちなみに、この太陽のマルシェは、横浜のみなとみらいで毎月開催される「横浜北仲マルシェ」とは兄弟関係のようですね。

大人気!おすすめファーマーズマーケット!横浜北仲マルシェ

2019.01.24

ひとつ注意なのが、人気のお店の商品はすぐに売り切れてしまうので、オススメは開催と同時に行くことです!その方がお客さんは比較的少ないですし、商品量がマックスの状態が見られるので、マルシェ感も存分に味わえると思いますよ。

太陽のマルシェ概要・詳細

そんな充実した店舗を構え、立地的にも素晴らしい場所で開催されている太陽のマルシェの開催場所は、月島第二児童公園という公園で行われ、開催時間は10:00~16:00(10~3月)・10:00~17:00(4~9月)と比較的長い時間開催されています。

ただし、先ほどもご紹介したように人気のお店の商品はすぐに売り切れてしまうので、早めの時間に行くことをオススメします。私の感覚ではやはりお昼頃が来場者のピークでしょうか。

開催日程は毎月第2土曜・日曜の二日間。通なマルシェの楽しみ方としては、二日間の内で一方の日程しか出店しない店舗もあるので、余裕がある人は両日ともに参加してみるのも良いかもしれません。

また、出店者も行く時期によって違ってきますので、ワンシーズンに一回は足を運んで新しい出店者を見つけるのも楽しみのひとつですね。

太陽のマルシェ

太陽のマルシェの魅力

まず一つ目の魅力として挙げられるのが、毎月テーマが変わるという事!

今回私が遊びに行って来た2月のテーマは「大人なバレンタイン」というテーマで、チョコレートなどのお菓子やカカオの商品の出店者が多かったように思います。

先ほどは控えめにワンシーズンに一回のペースで行ってみると言いましたが、毎月テーマが変わることはもちろん、同じお店でも以前はなかった商品があったりするので、毎月参加しても前回との違いを楽しめるのではないでしょうか。それに、毎回毎回買い物をすることでお店の人と仲良くなれますし、こっそり値引きやサービスをしてくれるかもしれませんよ(笑)

太陽のマルシェの二つ目の魅力としては、なんといってもその立地

開催地の勝どき周辺には最近移転したばかりの「豊洲市場」も近く、また少し足を延ばせば三井不動産の大型商業施設「ららぽーと豊洲」や、もんじゃ焼きで有名な「月島」もあるので、そういった意味でも朝イチでマルシェで買い物をしてから、その後で周辺を散策やデートするのもオススメです!

太陽のマルシェ

更に太陽のマルシェの立地で素晴らしいのが、マルシェという名に相応しい解放感!

周辺は比較的高層マンションがあるのですが、川と海が近い勝どき独特のゆったりとした時間が流れていて、また、元々は近隣の方が利用される公園が開催地で遊戯などもあるので、お子様連れにもオススメです!

三つ目の魅力はフェイスブックの投稿がとにかくさかん!

開催日数日前から頻繁に出展者情報をお届けしてくれるので、マルシェに行く前に必ずチェックしておきましょう!また、開催中も随時フェイスブックを通してレポートしてくれるので、万が一いけない時も投稿を見て楽しむことができます!

オススメ出店者さんその1

それではここからは、オススメの出店者を写真付きでご紹介したいと思います!

まず初めにご紹介するのは、「僕らは畑で笑っちゃう」さん。埼玉県の北総台地からお越しの農家さんで、「わたなべ農園」さんと「野島農園」さんがコラボされた個性的な出店者さんです。売っている野菜は、「トレビス」や「カーボロネロ」などの、普通のスーパーでは売っていない珍しい西洋がメインで、色とりどりなディスプレイがとても綺麗で目を引くお店です。

太陽のマルシェ

マルシェらしい見た目が特徴的なだけなく、そのお野菜もこだわりの農法で作られた一品。私もこの日は「サボイキャベツ」「カラフル人参」を買いました!しかも買った野菜を入れてくれる袋が欧米のマーケットのような茶色い紙袋で、それだけでテンションあがります(笑)

太陽のマルシェ

次にご紹介するのは、青森県六戸からいらしている「六戸ブランド研究会さん」。青森県の八戸は有名ですが、六戸は八戸の隣の隣ということで覚えやすいですね(笑)六戸ブランド研究会さんは主にニンニク、ごぼう、長芋をこの日は販売されており、そのごぼうの長いことにビックリするだけでなく、なんとお値段一本100円!持ち帰れない方には短くカットもしてくれるそう。私は、試食させて頂いた長芋を購入したのですが、運搬途中に折れてしまった特価価格の長芋をひとつ200円で購入させて頂きました!

太陽のマルシェ

3つ目にご紹介するのが、ドライフルーツ「karakarafruit」さん。無添加のドライフルーツは全部試食可能という太っ腹サービスで、私も5種類くらい食べさせて頂きました!また、「karakarafruit」さんのドライフルーツは種類が豊富で、りんごやみかんと言った王道のドライフルーツはもちろんの事、珍しいものだと梨や柿やキウイ、はたまた、金柑やりんごの皮、メロンやスイカにトマトまで、実に様々なドライフルーツがありました。いずれのドライフルーツも果物の旨みと甘みがギュッと凝縮されていて、食感もパリパリ・サクサクでとても美味しかったです。欲張りな私は色々な種類がミックスされたものを購入しました。

太陽のマルシェ
太陽のマルシェ

ご紹介の4つ目は、山梨から来られている「野村養蜂場」さん。ここは全てのはちみつが試食でき、私が伺った日は生姜はちみつも試飲できました!また、珍しい栗のはちみつがあり試食させてもらいましたが、独特の芳醇な香りがでとても美味しかったです。そして、何よりも驚いたのが、採取日で分けられて売られているはちみつ。中身は同じはちみつなのですが、採取日が違うと色も全く違ってくるというのだから不思議このような発見もマルシェならではでおもしろいですね!

太陽のマルシェ
太陽のマルシェ
同じはちみつなのに、採取日が違うと色が変わる!

オススメ出店者さんその2

次にご紹介するのが、「山口ごま本舗さん」。ここではなんと、デモンストレーションで昔ながらの圧搾方式で絞られたごま油が試食できます!目の前で絞られたできたてのごま油は、胡麻の香りが強烈で普段食べているごま油とは全くの別物!圧搾機で絞られている光景はずっと見ていられますし、お子様にも楽しめること間違いなし!また、圧搾し終わった搾りかすである「ごまのおから」という珍しい商品も売っていて、胡麻の風味がしっかり残っていてサラダや担担麺に使うのもオススメとのことでした。

太陽のマルシェ
太陽のマルシェ

最後にご紹介するのが、岡山から来られていた焼き菓子屋さん「はれもけも」さん。この日はバレンタイン間近という事もあり、チョコケーキの試食でしたが、カカオが効いた甘さ控えめの大人な味わいのケーキはフォークが止まらない美味しさ!また、カカオそのものを炒っただけの面白い商品があり、そちらも試食させて頂きましたが、ナッツのような食感と風味なのですが、しっかりとカカオ特有のビターな味がして、カカオそのものを食べれるというマルシェでしかできない特別な体験に、私は「マルシェってこういうのがあるからいいんだよな~」としみじみと思ってしまいました(笑)

太陽のマルシェ
太陽のマルシェ
カカオそのものの試食!

オススメ出店者さんその3

ここからは、文章割愛で写真のみでおすすめ出店者さんのご紹介をしたいと思います!

太陽のマルシェ
こうじ屋さん
太陽のマルシェ
雑貨屋さん
太陽のマルシェ
モリンガ製品屋さん
太陽のマルシェ
手作りピクルス屋さん
太陽のマルシェ
干物屋さん
太陽のマルシェ
佃煮屋さん
太陽のマルシェ
鳴門のソース屋さん
太陽のマルシェ
盆栽屋さん
太陽のマルシェ
キッシュ屋さん
太陽のマルシェ
大豆製品屋さん
太陽のマルシェ
雑貨屋さん

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか「太陽のマルシェ」。いままで様々なマルシェに足を運んだ私ですが、太陽のマルシェはマルシェ初心者にも、他のマルシェのファンの方にも自信をもってオススメできる、オシャレで楽しいマルシェです!都内最大級の規模感と、活気にあふれているその雰囲気は行ってみないと分からないので、みなさん是非一度足を運んでみてください!

なお、今回購入した商品の感想は随時ツイッターとインスタグラムにあげていくので、プロフィール欄からフォローしていただけると嬉しいです!

太陽のマルシェ

【開催概要】

  • 開催日:毎月第2土曜日・日曜日
  • 開催時間:10:00~16:00(10~3月)・10:00~17:00(4~9月)
  • 開催場所:月島第二児童公園(中央区勝どき1-9-8)
  • アクセス:都営地下鉄大江戸線『勝どき』駅下車 A4a出口、A4b出口すぐ

太陽のマルシェ公式ホームページはこちら