有楽町で毎日開催!雑多でにぎやかな雰囲気が楽しめる「交通会館マルシェ」

そもそもマルシェとは?

みなさんは「マルシェ」という言葉を聞いて何をイメージするでしょうか?

『マルシェ』とは本来フランス語で『marché』と書きます。フランス語のマルシェは英語で言う『マーケット』のことを指しており、日本で言う『市場』を意味しています。

マルシェの規模や雰囲気は様々ですが、公園や広場などを貸し切って、出展者がテントを張り、こだわりの食品や雑貨などを対面形式で販売してくれます。

マルシェ

その雰囲気はまるでお祭り気分!

その開放的な雰囲気と生産者の方の活気と、ここでしか手に入らない商品という理由で、ついついたくさん買い過ぎてしまいます(笑)

また、物販だけでなくテイクアウトできるデリもありますし、場所によってはワークショップや展示会も併催している所もあります。

キッチンカー

もちろん、入場料は無料なので、デートやお散歩がてら立ち寄るものオススメです!

そして、マルシェの最大の魅力は、生産者さんと直接お話ししながら、その食材の最適な調理法や食べ方を教えてもらうことができたり、生産者さんのこだわりを直に感じることができることです。

マルシェ

ゆったりとした時が流れる青空のもと、素材の良さを自分の目で確認したり、生産者さんとおしゃべりしたり、気になった食材を試食・試飲したりして、ショッピングを楽しむことができます。

首都圏で開催されるマルシェの数は年々増加しており、それぞれに全く異なった内容になっているので、是非色々なマルシェに足を運び、それぞれの違いや特有の雰囲気をお楽しみ下さい!

東京のど真ん中である有楽町で毎日開催!「交通会館マルシェ」

今回ご紹介するのは、東京駅からもほど近く、ビジネス街としても買い物をする街としても人気で、平日土日問わず人がごった返すまち有楽町で開催されている「交通会館マルシェ」です!

このマルシェの特徴はなんといっても毎日開催されているという点!もちろん、平日の出店者数は5ブース前後と土日に比べると少ないですが、それでも都内で開催されるマルシェのほとんどが週一回もしくは月数回程度なのに比べると、開催頻度はもっとも多いマルシェではないでしょうか。

出店者も新鮮な野菜や果物をお値打ち価格で販売しているお店から、調味料・加工品、雑貨など幅広いラインナップも魅力です。

交通会館マルシェ

また、やはりその立地は特筆すべき点のひとつ。有楽町駅そばにある交通会館で開催しているので、買い物後は有楽町駅周辺の商業施設で買い物やエンターテイメントを楽しむもよし、銀座や丸の内に足を伸ばすもよしの好立地!都内に住む方であれば気軽に参加できるマルシェなので、マルシェ初心者には超オススメです!

有楽町交通会館マルシェの概要

有楽町交通会館マルシェは各線有楽町駅から徒歩2分程の距離にある、「東京交通会館」で行われており、開催時間は平日は12:00~18:00、土日は11:30~17:30となっているので、人によっては平日の仕事帰りに寄ることも可能かもしれません。

マルシェというとテントを張っているイメージが強いかもしれませんが、交通会館マルシェは東京交通会館のピロティ内で行われているので、テント形式ではなく屋根があるエントランスでの出店となるので雨が降っても大丈夫な点も嬉しいですね。

出店者数は、平日は5店舗前後、土日は20~30店舗ほどの出店者が参加していますが、決して広いスペースで開催しているわけではないので、出店者と買い物客でごった返してる感もこのマルシェの特徴でしょうか。

交通会館マルシェ

コンセプトは「日本を まん中から元気にしよう!」ということで、活気やにぎわいは他のマルシェに引けをとらないので、オシャレで上品な感じよりも人が多く雑多な感じが好きな方には是非行って頂きたいマルシェです!

オススメ出店者その1

まず最初にご紹介するのは、「山口ごま本舗さん」

ここではなんと、デモンストレーションで昔ながらの圧搾方式で絞られたごま油が試食できます!目の前で絞られたできたてのごま油は、胡麻の香りが強烈で普段食べているごま油とは全くの別物!圧搾機で絞られている光景はずっと見ていられますし、お子様にも楽しめること間違いなし!

また、圧搾し終わった搾りかすである「ごまのおから」という珍しい商品も売っていて、胡麻の風味がしっかり残っていてサラダや担担麺に使うのもオススメとのことでした。

交通会館マルシェ
交通会館マルシェ

次にご紹介するのが、イスラエル産はちみつ専門店

ここのお店では貴重な生の「非加熱はちみつ」が購入できます。非加熱はちみつはその名の通り加熱処理を施していないため酵素が生きているので、健康や美容にはもってこいのはちみつ!また、非加熱はちみつは加熱してあるはちみつよりも殺菌・消毒効果も強いことから、非加熱はちみつで歯磨きをしている方もいるそうです。

しかも、実はイスラエルは隠れた農業大国であり食糧自給率は90%をこえるのだとか。かつ、イスラエルのはちみつは聖書の中でも「はちみつとミルクの国」と記されているほど品質が高いのです。

このお店ではそんな土地で作られたイスラエル産はちみつのみを販売しており、種類もアボカド、ナツメ、ワイルドフラワーなど、普段スーパーで売られている中国産やアルゼンチン産のはちみつにはない味のはちみつが売っています。私も4種類試食させて頂きましたが、どれも独特の風味がありつつも後味はさらっとしていて喉がべたつく感じが全くありません。非加熱特有の食べごたえのある食感がやみつきになってしまいます。

交通会館マルシェ
交通会館マルシェ

続いてご紹介するのが、「人情マルシェYY」さん。

ここは群馬県産のこだわり食品が売っているお店で、生活習慣病予防で注目されている菊芋や、菌床栽培でなく原木栽培で育てられた貴重なしいたけなどをお求めやすい価格で販売してくれています!

また、特に私が心を打たれたのは、店主の方の接客でした。「人情マルシェ」と名前に相応しく、笑顔と笑うとできる顔のしわが素敵なおじさまで、「本当に買わなくていいから試食だけしてって」と嬉しそうに語りかけてくださり、ついついお店に吸い込まれてしまいます(笑)

ここの店主さんもそうですが、マルシェ出店者の方々は人懐っこくてどこか親しみを感じる方が多いんですよね。

交通会館マルシェ

最後にご紹介するのが、日本各地から集められたこだわりの加工品を扱うお店。

ここではまず純国産の粒マスタードを試食させて頂きましたが、普段スーパーで見かけるのマスタードはペースト状になっていますが、このお店のマスタードはまるでマスタードのピクルス!普通のマスタードとは比べ物にならないほどの粒の大きさのマスタードがそのまま漬けられており、その食感のプチプチ感は衝撃的でした!

次に試食させて頂いたのがりんごジュースの飲み比べ。こだわりの真空パックで保存されたリンゴジュースを三種類とも試食できるのですが、この日はなんと湯煎して暖められたホットアップルジュースの試食!リンゴジュースは冷たい飲み物という観念が知らず知らずのうちに頭にあったことを反省させられるほど美味しかったです!また、ジュースに使用するりんごにもこだわっっているため、市販のリンゴジュース特有の飲んだ後のくどい甘さと喉がべたつく感じが全くなく、飲み心地がスッキリした絶品でした。

交通会館マルシェ
交通会館マルシェ

オススメ出店者その2

ここからは写真のみで出店者の方々のご紹介をいたします!

交通会館マルシェ
特売価格の新鮮野菜専門店
交通会館マルシェ
ドライフルーツ専門店
交通会館マルシェ
有機・無農薬・減農薬栽培野菜の専門店
交通会館マルシェ
イタリアの輸入食品専門店
交通会館マルシェ
干しいも専門店
交通会館マルシェ
キッシュとパイの専門店
交通会館マルシェ
キッチンカー

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか「有楽町交通会館マルシェ」。先ほども述べましたが、立地的には休日を過ごすのに申し分ない場所で開催されているので、マルシェに行くためにわざわざ遠出するのが億劫な方も、マルシェ参加後は周辺施設での買い物やお食事や都内散策も楽しめると思うので、お時間を作って是非参加してみてください!

なお、今回私が買った商品をつかった感想は随時ツイッターやインスタグラムにアップしていくので、是非ともフォローをお願い致します!

交通会館マルシェの前に行ったヒルズマルシェで野菜を買い過ぎたので、今回はこれだけ

意外と庶民的でアットホーム?東京の中心地六本木で毎週開催!「ヒルズマルシェ」

2019.02.23

【開催概要】

  • 開催場所:東京交通会館1階ピロティ(東京都千代田区有楽町 2-10-1)
  • 開催日程:毎日
  • 開催時間:平日12:00~18:00・土日祝日11:30~17:30
  • アクセス:JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」 京橋口・中央口(銀座側)徒歩1分

交通会館マルシェの公式ホームページはこちらから