横浜ベイクォーター内で毎月第4土曜日に開催!「かもめマルシェ」

そもそもマルシェとは?

みなさんは「マルシェ」という言葉を聞いて何をイメージするでしょうか?

『マルシェ』とは本来フランス語で『marché』と書きます。フランス語のマルシェは英語で言う『マーケット』のことを指しており、日本で言う『市場』を意味しています。

マルシェの規模や雰囲気は様々ですが、公園や広場などを貸し切って、出展者がテントを張り、こだわりの食品や雑貨などを対面形式で販売してくれます。

その雰囲気はまるでお祭り気分!その開放的な雰囲気と生産者の方の活気と、ここでしか手に入らない商品という理由で、ついついたくさん買い過ぎてしまいます(笑)

また、物販だけでなくテイクアウトできるデリがあるマルシェもありますし、場所によってはワークショップや展示会も併催している所もあります。

もちろん、入場料は無料なので、デートやお散歩がてら立ち寄るものオススメです!

そして、マルシェの最大の魅力は、生産者さんと直接お話ししながら、その食材の最適な調理法や食べ方を教えてもらうことができたり、生産者さんのこだわりを直に感じることができることです

ゆったりとした時が流れる青空のもと、素材の良さを自分の目で確認したり、生産者さんとおしゃべりしたり、気になった食材を試食・試飲したりして、ショッピングを楽しむことができます。

首都圏で開催されるマルシェの数は年々増加しており、それぞれに全く異なった内容になっているので、是非色々なマルシェに足を運び、それぞれの違いや特有の雰囲気をお楽しみ下さい!

横浜散策&デートにオススメ!かもめマルシェ

今回ご紹介するのは、横浜駅近くにある大型商業施設ベイクォーターで開催されている「かもめマルシェ」。このマルシェの特徴は横浜駅からほど近い開催場所のため、先日ご紹介した「横浜北仲マルシェ」よりもいささかアクセスしやすくなっています。

また、規模が小さく、可愛らしいサイズ感のマルシェなので、あまり時間をかけずにさらっと立ち寄りたい方にもおすすめ!横浜そごうや先ほどご紹介したベイクォーターにお買い物がてら、マルシェに足を運んでみるのもいいかもしれません。

カモメマルシェの概要・詳細

私が訪れた日は、約10店舗ほどのお店が出店されていました。横浜近郊はもちろん、全国各地から新鮮な産地直送の野菜・果物を販売するだけでなく、花、紅茶、ハーブティー、燻製製品、お漬物など個性豊かなお店がたくさん!

また、この日はキッチンカーが2店舗来ており、生のフルーツと野菜をその場で切って絞ってくれるジュース屋さんと、抹茶スイーツ専門店でした。私はマルシェオープンとともに遊びに行ったのですが、ジュース屋さんには早くも行列ができていました。

肝心の開催場所は、横浜ベイクォーターの3階にあるゲート広場で、横浜駅からベイクォーターへ向かうとちょうど入り口の左手に位置しているので、すぐ見つかると思います。

かもめマルシェの開催日時は、毎週第4土曜日の11:00~17:00です。

ここのマルシェも他のマルシェと同様に早くいかないとお目当ての商品がなくなってしまうこともあるので、早めの時間に行くことをオススメします。横浜散策やデートをするなら、まずはマルシェに寄ってから、次の目的地に行くのがいいかもしれませんね。

かくいう私も、マルシェに立ち寄った後、ベイクォーターで買い物してから、横浜中華街に遊びに行きました(笑)

ちなみに、かもめマルシェは、毎週日曜日恵比寿で開催される「YEBISUマルシェ」や、東急田園都市線のたまプラーザ駅直結の商業施設で毎月第3土曜日に開催される「TERRACEマルシェ」を運営されている、NKBマルシェ事務局さんが運営されているようですね。

出店者のご紹介

私が行った日は、天気は雲一つない晴れで、1月にしては比較的暖かかったこともあり、とても気持ちの良い環境でマルシェの雰囲気を味わうことが出来ました。

今回まずご紹介するのは、市田柿専門店。私はもともと干し柿が好きなので、これは試食せずにはいられないと思い、お店の方に頼んで試にひとかけら頂きましたが、ギュッと濃縮された甘みがたまらなくおいしく、それでいてクドくない自然なスッキリとした味わいなので、甘いものがニガテな方でもペロッと食べれてしまいそうです。

次にご紹介するのが、マルシェでは珍しいお花屋さん。野菜や果物を売っているお店も、店頭が野菜の鮮やかな色で満たされているので目立つのですが、それにも増してひときわ目を引く華やかさです。こちらのお店は横浜市旭区から出店されているそうで、花はオランダから輸入したものもあれば国産のものもあり、レパートリーも豊富。お店の方も、男性だったのですが自分の店の花を丁寧に扱っていそうな、やさしい印象の方でした。

最後にご紹介するのが、燻製製品専門店。こちらのお店はもともと鎌倉でチーズを作っていたのですが、商品の幅を広げようと燻製製品にチャレンジしたそう。ナチュラルタイプのスモークチーズはもちろん、ピリッとした辛さが特徴の「ブラックペッパー味」や、おつまみに最適な「オニオン&ガーリック味」など珍しい味のスモークチーズが並んでいましたが、極めつけは取引先の飲食店の方の要望で実現された「イカ墨味のスモークチーズ」。見た目も真っ黒で一見チーズに見えないですが、味はイカ墨の風味が効いていて、一口食べだすと止まらないのだとか。

また、スモークチーズ以外にも、燻製サバや秋田の名産品いぶりがっこなども作っておられ、商品はどれも保存料などは無添加!体に優しいだけでなく、素材本来の味わいを生かしたチーズは非常にオススメです!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか「かもめマルシェ」。

個人的にはこじんまりした雰囲気が好きで、週末横浜に行く用事があるときがちょうど第4土曜日だと嬉しくなります(笑)

出店者の方々もお客さんがたくさん来てくれると嬉しいと思うので、皆さんも是非、お時間をつくって足を運んでみてください!

【開催概要】

  • 開催日:毎週第4土曜日
  • 開催時間:11:00~17:00
  • 開催場所:横浜ベイクォーター3階・ゲート広場(横浜市神奈川区金港町1−10)
  • アクセス:各線横浜駅きた東口Aから徒歩約3分

かもめマルシェ公式ホームページはこちら

大人気!おすすめファーマーズマーケット!横浜北仲マルシェ

2019.01.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です