農業ラジオ「アグリズム」まとめ~空飛ぶごぼう~

アグリズムとは?

アグリズムとはTOKYO FMで毎週月曜~木曜まで15:50から放送される、川瀬良子さんがパーソナリティーを務める「日本の農業を応援するラジオ番組」です。放送時間は短く5分ほどで、カゴメやJA全農がスポンサーとなっています。

私はもともとラジオが好きで、この番組を毎日楽しみに聞いているのですが、今回はそんなアグリズムの内容を勝手にまとめて皆様にご紹介したいと思います!

今日のアグリズム

青森県の三沢市の「空飛ぶごぼう PROJECT」が今日のトピックス。

リンゴやニンニクで有名な青森県ですが、実はゴボウの生産量も日本一。その中でも三沢市はゴボウの一大生産地なのです。

そんな三沢市は、人口約4万人、青森県の太平洋側の南に位置し、八戸の北側にあります。

三沢市は夏場、海から吹き付ける偏東風「やませ」が吹くのですが、その冷涼な気候を好む根菜に適し、ミネラル分を含んだ水蒸気を畑に運んでくれます。

さらに「ローム質火山灰」による柔らかな土質を持つ土壌が、深く伸びるごぼうの好適地となっています。

今日の主役は、そんな三沢市在住の金渕良子(かなぶちりょうこ)さんという女性が作っている「三沢おつまみごぼう」という加工品。

金渕さんは「空飛ぶごぼうプロジェクト」の発起人で、大空のまち三沢から特産品であるごぼうを飛び立たせようというコンセプトで、様々な活動をされています。その活動の中で、規格外のごぼうを使い「三沢おつまみごぼう」を作っています。


金渕良子 さん

「三沢おつまみごぼう」とは

ごぼうは長くてまっすぐなものが優良品なのですが、その規格に合わない、曲がっていたり穴が空いていたりする流通できないごぼうが「三沢おつまみごぼう」には利用されています。

三沢おつまみごぼうは、じっくり煮込んで乾燥させたセミドライゴボウで、味は全部で三種類。その名の通りおつまみにピッタリな、まるでスルメのような味わいの「旨辛きんぴら味」、カイエンペッパーが隠し味のジャーキーのような感覚で食べられる「ピリ辛トマト味」、青森県産の素材をふんだんに使用したドライフルーツのような美味しさの「はちみつりんご味」

どの味も、ごぼうの先入観が変わる食感と味わいで、その食感はぐにゅっとしているので、よく干しイモに間違われるそうです(笑)。使い方次第ではお菓子や料理の材料としてもご利用いただけます。

値段は、一袋15g入りで340円(税込)~です。

また、番組では取り扱われませんでしたが、商品ランナップには、ささがきごぼうに味付けし乾燥させた「Goboco」というお菓子もあり、こちらも美味しそうですね。お値段は一袋10g入りで440円

今後の展開

現時点では商品の流通量が多くはないですが、ゆくゆくは海外展開も目指したいとのこと。

以下、金渕さんの思いを載せました。

以前ごぼうの収穫を手伝った際

細長い脚を絡ませているかのような魅力的ごぼうを見かけ “うわっ!! 可愛い♪” と思った。

まるで宝物を見つけたような嬉しさは今でも記憶の隅に残っています。

しかし特徴的な形をしたものは何をするにも作業性が悪く

「それは畑に置いていく」と言われ

言った本人も、言われたごぼうも悲しそうに見えて

わたしも悲しい気持ちになった。

手間をかけられ、生まれ変わったごぼうが多くの人に愛されることを願っています♡

また、空飛ぶごぼうプロジェクトのホームページが可愛らしいので、そちらも紹介させて頂きます。

空飛ぶごぼうプロジェクトの公式HPはコチラ

紹介したふたつのお菓子は、通販、またはふるさと納税の返礼品にも登録されているので、この機会にみなさんも是非一度ご賞味あれ!

アマゾンで見る 

さとふるで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です